老犬ビーの介護寸前日誌その後

さよならビー! 月刊『Wan』に連載していた「老犬介護寸前日誌」のその後を報告します。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく1年

しばらくブログの更新をサボっていました。

そして、昨日はビーの一周忌でした。夫がクリスマスプレゼントに、ビーの写真集3「さよならBee」というのを作ってくれて、開いた瞬間に涙があふれ出ました。
20061230222904.jpg


去年は静岡で最期を看取ったのですが、ゆやまの家族と一緒だったので湿っぽくならずに、皆でさよなら出来ました。飼い主への最大の孝行は、ゆやまが東京、私が札幌から駆けつけてから息を引き取ったことです。しかも、亡くなる前日に年賀状撮影ができたこと、亡くなる日は、抱っこしながら近くの公園まで散歩できたことなど、思い残すことなく看取ることが出来ました。

今回、アップしたのは、伊豆にあるペット専用の火葬場で、最期のお別れをしたときの写真です。最期は痙攣を起こして辛そうでしたが、死に顔は穏やかな顔をしているのがとても救いになっています。この写真は、デジカメのデータにいつも1枚だけ入れていました。パソコンにデータを取り込む時は、最初がこれです。今年は、長崎、中国、ドイツへもこの写真と共に一緒でした。そろそろ消してもいいのかもしれませんが...。今まではこの写真は、ちょっと生々しいかなぁと思っていましたが、一周忌も過ぎましたので。
20061230223014.jpg


この1年、寂しい日々もありましたが、外に出かけた分、多くの犬たちに出会えました。たくさんの方々にお悔やみをいただきました。また、東京での写真展にも多くの人たちが来てくださって、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

この1年間、ペットロスもなく(まったく無かったわけではありませんが)、無事に過ごせたことを皆様に感謝しています。
よいお年をお迎えください。

コメント

先日はありがとうございました

ビーちゃん沢山のお花に囲まれて旅立ったんですね。一度も会えなかったけど、ビーちゃんのことずっと忘れません。私もプーが亡くなってからこの一年あっという間でした。新しい犬を迎え入れたのに、まだプーのこと思い出しては泣いています。今年は去年より泣かなくなるでしょうか…?
またうちの子たちにも会いに来てくださいね。

まきぷぅさん

あけましておめでとう。

プーちゃんは旅立ったけど、いつも心の中にいるよね。
今はプッチもビーチも手がかかるけど、プーちゃんと同じようにまきぷぅさんを慕っていることと思います。

先日伺って、犬のいる生活、いいなぁと思いましたが、しばらくはよそ家の犬に癒されたいと思います。
今年もよろしくね。


エイコさん、お久しぶりデス(^^ゞ
今年もよろしくお願いします。

ビーちゃんの写真、すごくじぃ~んときました。
幸せだったよ。って言ってるみたいで・・・。
ビーちゃんとエイコさんご夫婦は
犬の素晴らしさを伝える為に出会ってるんでしょうね。
今年も素晴らしい写真と
心温まるお話、楽しみにしています♪

ぼびママさん

こちらこそ今年もよろしくお願いします。
ぼーちゃんも元気そうで良かったですね。

>犬の素晴らしさを伝える・・・・。
いいえ、いいえ。私自身は、ビーとゆやまのおかげで楽しい犬生活が送れたのです。ゆやまのビー狂いは、半端じゃないのですよ。

ここ数日、抜け殻みたいにボーっとしています。
昨日は、初仕事だったのですが、脳に血液が回らず、肝心な事を聞き忘れてしまいました。だめだこりゃぁ。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

プロフィール

エイ

Author:エイ
ビーのページへようこそ!
ビーは2005年12月29日に16歳という天寿を全うしました。月刊『Wan』の「老犬介護寸前日誌」の連載を終えてから、本格的な介護が始まりました。介護の様子と、その後の飼い主の生活を書き綴っています。ニューフェイスの白豆も加わりました!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。