老犬ビーの介護寸前日誌その後

さよならビー! 月刊『Wan』に連載していた「老犬介護寸前日誌」のその後を報告します。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒトのオスは飼わないの?

昨日、大学へ行ったのですが、どうもやる気が起きなくて、早々に帰宅。帰り道、大丸百貨店に寄ってマンゴーのフレッシュジュースを飲みながら、しばらくベンチで本を読んでから帰りました。

これって5月病?って思っていたのですが、どうも変?
7時前には布団に入って、本を読み始めたら吐気と腹痛が。
「これはヤバィ」と思って、薬を飲んで本格的に寝ることにしました。
一昨日、夜遅くに仕事の依頼が入ったり、朝早くに草刈の音で起こされたりと、どうも疲れが溜まっていたみたい。それでやる気が起きなかったのかも。

今日の朝は、ゆっくりめに起きて、新聞を読んだ後にコーヒーを飲みながら米原万里『ヒトのオスは飼わないの?』を読みました。著者はロシア語通訳をしており、ロシアから猫を連れて来るのですが、そのくだりで「ロシア人は、どうも規則を破ることに生き甲斐を感じることが多い」というのがあるのです。アエロフロートのいい加減さや、猫好き客室乗務員の対応など、読んでいて何度も笑い転げました。著者の犬猫観察、犬猫をめぐる周囲の人たちとのやり取りも愉快で、ついつい朝っぱらから最後まで読み切ってしまったのです。どうせ、自由業みたいなもの。「朝っぱらから本を読める自由はあるのさ」と開き直り。

朝からすっきりしました。「規則を破ることに生き甲斐」とまではいかないけど、規則に縛られることも無いのかなぁ、自分で規則を作って縛っているのかなぁとか、この本を読んで解き放たれる心地良さを感じました。そしてロシアに親近感が湧いてきました。

ビーが死んだら夫と一緒に「シベリア鉄道に乗ろう」と話していたことがあります。ビーがいる間は、2人一緒に海外旅行は無理だったんですね。いつも別々に出かけていました(一緒だと喧嘩するってのもあったので)。急にシベリア鉄道感傷旅行(追悼ですね)のことを思い出しました。

遅いスタートですが、これから仕事にかかりま~す。ゆうだいさん、ありがとう。しばらく米原万里がマイブームになりそうです。元気になる本がまだまだありそう。

コメント

喪中

私も『ヒトのオスは飼わないの?』を読んだトコでした。米原万里さんが亡くなって、とてもショックで悲しくて残念です。動物好きの米原さん、彼女が愛し看取った犬や猫たちと再会してるといいなぁ。御冥福をお祈りします・・・

今ごろ

読んだことのない作家でした。
今ごろですが、読み始めています。

亡くなったばかりだったんですね。
本の中では生き続けているので、実感としてあまりありません。しばらく読み続けようと思っています。羨ましいくらいリズム感のある文章です。

それにしてもアマゾンの書評、腹が立ちます。

私も!

私もアマゾンの書評には、頭にきてたんです!なので早速米原さんの賛辞を、書いてきました。感じ方は人それぞれなのでしょうが、何とも頭の堅い、面白味のない人も居たもんですね。米原さんは以前、犬の雑誌にも同題のエッセイを書いていて、ピレネー犬を引き取って一緒に暮らしてたそうです。毎月それを読んでは笑い、号泣し・・・。こんなに夢中になった作家さんは久々だっただけに、淋しいです。

どこ?

そう、その書評、まったくユーモアのセンスがないなぁと思います。

どこに賛辞を書かれたのですか?
見つけられないのですが...。見たい。

私、今すごく夢中になっています。
近くにある図書館の蔵書14冊、これ全部今月中に読んでしまう勢いです。夢中になると止まらないんですね。オタク系入っているので。

残された猫やワンちゃんはどうしているんでしょうね。面倒みてくれる人はいるでしょうが、猫やワンちゃんの落胆は大きいと思います。今頃になってじわーっと亡くなったことの大きさを感じてきました。



心配

私も心配してたんです。少し前にピレネー犬が病気で亡くなって、気の毒なくらいの落胆ぶりでした。その後、新たにピレネー犬を引き取って一緒に暮らしてたそうです。猫ちゃん達も居ましたし、気になってたんです。米原さんの周りには素晴らしい人が沢山いらっしゃるので、大丈夫に決まってるんですけどねぇ。私の書評は、アマゾンに・・ただただ幼稚な文章で、恥ずかしいだけです。

アマとカイのママさん

ピレネー犬ですか。これまたすごい。
書評、やはり分かりませんでした。
今度、こっそり教えてください。

良かったら

今、衛星第2放送で米原万里さん追悼番組をやってます。良かったら御覧になってみては?若くて元気で、艶やかな米原さんが旅してます。

えっ。遅し!

そうだったんですか~。残念!!
毎晩、寝る前に本を読んでいます。
夕べもそうでした。

文章も艶やかですよね。
ありがとう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

プロフィール

エイ

Author:エイ
ビーのページへようこそ!
ビーは2005年12月29日に16歳という天寿を全うしました。月刊『Wan』の「老犬介護寸前日誌」の連載を終えてから、本格的な介護が始まりました。介護の様子と、その後の飼い主の生活を書き綴っています。ニューフェイスの白豆も加わりました!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。