老犬ビーの介護寸前日誌その後

さよならビー! 月刊『Wan』に連載していた「老犬介護寸前日誌」のその後を報告します。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車まで...

『Wan』の連載開始から1年が経ちました。去年の今頃から連載は始まったのです。その時に、一昨年の晩秋に犬も私も、そして犬運搬車も壊れたことを書きました。その時に知人から譲ってもらったホンダのオルティアが今日、廃車になりました。

この車にビーを乗せて、いろんなところに行きました。仕事(取材先)にも連れて行っていました。留守番をさせるのも心配でしたし、ボケが入ってからはむやみやたらに鳴くので、置いては出かけられなくなっていたのです。オルティアは、広くてビー専用のスペースが確保出来ましたが、運転席からは遠いので、運転中もよく鳴いていました。以前は、車に乗せてもそんなことはなかったのですが、不安だったのでしょう。

シートの至るところに犬の毛がまだ残っていましたし、犬用布団(夫が独身時代に自分用に買ったもの)も敷いたままで、犬の臭いがまだほんのり残っていました。私は運転がうまくないので、何度も死から蘇った運の強いビーがお守り代わりになっていました。

新しい車(中古ですが)に替えることになり、本当は先週に届くはずが、1週間延ばしてもらいました。もう、延ばせないと、今日届いたのです。ビーとの辛苦を共にした車との別れは、とても悲しかったです。25万キロも走った車なので、ビーが死んじゃったように、この車の寿命も秒読みでした。モノとの別れも時には辛いです。

コメント

そうか・・。車・・・。確かに思い出の一杯つまった車って辛いですね・・。
ビーちゃんの為に頑張ってくれた車とのお別れ・・。
拝見していて切なくて涙が出そうです・・・。
いつかはお別れがきますものね・・・。
ビーちゃん、今頃新しい車の匂いをフンフンとかぎ回っているんじゃないかな・・。
前の車を買い換えた時に、以前お空に昇った子との思い出がなくなるようで寂しい、と言った私に妹がそう教えてくれたんです。
だからビーちゃんもきっと・・・。
たくさんたくさんビーちゃんの事を思っていらっしゃるエイコさんのお気持ちがビーちゃん、きっと今すごく嬉しいんじゃないかな・・・。

そうか。

継母さんのコメントを読んでいるうちに、こちらも涙が出そうになりました。

妹さんがおっしゃるように、新しい車の匂いをクンクンかいで、おしっこジャーかもしれませんね。ビーが使っていた毛布をトランクに敷いておきました。

気分一新(気合入れてみました)、今日も頑張ります!



色々ご心配かけてます。
私も先日母を迎えに行くために車の大掃除をしました。
うちは二人だしバルは私の膝の上にいるので後ろの席は普段使いません。
でも・・・人を乗せることになってGW中にララの私語初めての掃除。
毛がいっぱいでした。
最後の通院・・・荼毘に付して家に帰る時。
窓には鼻を押しつけた後出来る白い跡(笑)
さすがにもう臭いはしないけど。

字の間違いの編集が出来ません~。
私語・・・死後です。

mihoさん

お久しぶり!
そう、そう、窓もありました。
白い跡が残るんですよね。
ベロで汚れるし。

今日、部屋の模様替えをしています(まだ終らない~)。ビー用箪笥の引き出しを開けたら、ビーの臭いがしてました。臭いんだこれが。敷物がまだ残っています。明日、干そうっと。

エイコさん。
札幌市のセンターに可愛いビーグルが捕獲されています。
見るだけでも・・・どうかな?
http://www.city.sapporo.jp/inuneko/syuuyoukenn_jouhou/syuuyoukenn.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

プロフィール

エイ

Author:エイ
ビーのページへようこそ!
ビーは2005年12月29日に16歳という天寿を全うしました。月刊『Wan』の「老犬介護寸前日誌」の連載を終えてから、本格的な介護が始まりました。介護の様子と、その後の飼い主の生活を書き綴っています。ニューフェイスの白豆も加わりました!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。