老犬ビーの介護寸前日誌その後

さよならビー! 月刊『Wan』に連載していた「老犬介護寸前日誌」のその後を報告します。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリマで犬グッズにさよなら

昨日、札幌中島公園のフリーマーケットに参加しました。1区画を4人で使わせてもらいました。

出品した犬グッズは、小分けしたオムツ、犬の帽子、シャンプー&リンス、未使用の引き綱、手(足?)袋、ハンドマッサージ器、ウンチ袋、犬のシール、散歩用懐中電灯、未使用の小型犬用バッグなど。

紙オムツは、「膀胱炎の時やテスト用にお試しください」と4つ入れを2袋作りました。皆さん、手に取るのですが、子供用と勘違いする人が多かったのです。売れたのは1袋だけ。引き綱は一番早くに売れました。ほとんど200円前後。犬バックだけは1000円にして、900円で売れました。ネコちゃんの移動に使うそうです。

だいぶ犬用品が我が家から姿を消しています。でも毛布や敷物は少し残してあります。早いうちに処分しないと、どんどん思い出を重ねてしまいそうで、益々捨てられなくなりそうでした。それでなくても、我が家には夫の職業柄、犬の写真がいたる所にあるのです。それだけでも十分かと。

今も家に置いてあるのは、餌入れで、これはお気に入りだったので飾ってあります。あとはビーの枕にもなった犬ヌイグルミ、蜂(ビー)の形をした犬玩具、こう書くとけっこうありますね。

公園内でのフリマだったので、犬連れも多くて楽しかったです。

コメント

昨日はエイさんにプッチを見て頂きたかったのと、オムツを買いに行きたかったのにホントに残念です(T_T)
家にはまだプーの物が沢山あります。全然捨てられません。
心の中で生き続けてるのに、物に頼ってしまってます。困ったものです。

そうそう、どこかで思い切らないと後々だと余計に処分できなくなりますよね・・。
イチの時、私も自分でそうなるのがわかっていましたのでなるべく処分したのですが、結局かなりの数のイチグッズが今も残っています。
ご飯を食べさせた箸とか・・。ちょっと躊躇ってしまい、「まぁこの位はいつか処分すればいいや。」って思った物がとうとう今の今まで処分できずに残っていたり・・。
イチの時につかっていたオムツ。私は引越しを機に2.3枚だけ残して処分したのですが、今になって残しておけばよかった、って後悔しています。
永遠が嬉ションをする時があるので結局わざわざ新しい物を購入しました。

モノってやっかい?

>まきぷぅさん
そう、モノに頼ると益々捨てられなります。捨てちゃうまで勇気がいりますがね。

>継母さん
その気持ち分かります。私も引きずりそうだったので、早いうちに大物は捨てました。毎日使っていた餌入れだけは、残しておこうと思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

プロフィール

エイ

Author:エイ
ビーのページへようこそ!
ビーは2005年12月29日に16歳という天寿を全うしました。月刊『Wan』の「老犬介護寸前日誌」の連載を終えてから、本格的な介護が始まりました。介護の様子と、その後の飼い主の生活を書き綴っています。ニューフェイスの白豆も加わりました!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。