老犬ビーの介護寸前日誌その後

さよならビー! 月刊『Wan』に連載していた「老犬介護寸前日誌」のその後を報告します。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6歳のビー

夕べ遅くに「里親を探しているビーグルがいます」と連絡をいただきました。ゆうだいさん、ありがとう。↓以下のサイト
http://www.vets.ne.jp/bbs/f_6200.html

心が動きました。6歳という中途半端な年齢にだと思います。
東京の夫にすぐ連絡しましたが、あまり乗り気じゃないみたい。
「留守番ができる」「外(昼間)で飼える」が希望(夫)。
私は、上記のに「体重が10㌔前後」が加わります。
我家のライフスタイルでは、移動が多いので軽いほうがいいのです。
今回の事でお互いの希望の整理が出来ました。

ご本人に問い合わせところ、1人見に来る人がいるとのこと。
体重は分からないので計ってみる。おばあちゃん家の犬、オス、
未去勢、というのが新たな情報。
覚悟しての見学だと思うので、決まるといいなぁと思います。

実は25日から長崎へ行って来ます。それから北上して札幌に戻るのは
連休の中ごろです。上記のワンちゃんのことは、日程的に無理というのがあります。

何で心が動くのか分からないところが、面白いです。
ピピンって心に響くか響かないかなんだと思います。

6歳に心が動いたのは、懲りずに「また介護ができる」
「仔犬はかわいいけど、手がかかる?」があったから。
でも仔犬から飼ってみたい気もあるにはあるのです。
こう書くと、何がきめ手になるか分からないですね。
夕べからちょっと興奮気味。

コメント

ご縁ですからね

6歳のビーちゃん、素敵なお家が見つかると良いですねー(^O^)確かに気になっちゃいますよね。けど、縁のあるコなら「あっ、このコだっ!」ってご夫婦で感じるかもしれませんよ。 あ、老犬思いやり読本を読みました。老いてますます愛しくなりますね、ワンちゃんて。

タイミング

来月、長崎にいらっしゃるのでしたら、ちびちびビーグルに会っていただけたかもしれません。
そう、ビーグルたちが生まれてきてくれるようです。なぜ、たちかというと、ゆうすけのお兄さんたちが、相次いで交配に行ったため、もしかしたら三ヵ月連続であかちゃんビーグルたちが生まれてきてくれるかもしれません。
でも猟犬ビーグルですから、大きいかもしれないとのことでした。
そのうちの一匹がうちにやってきます。

そうですね。

決まらなかったら多分、「どうですか?」って連絡が来るかと思うのですが、無いので決まったと思います。

>アマとカイのママさん
縁、どこにあるんでしょうね。
本を手にしたとのこと。参考になりますよね。

>ゆうだいさん
あかちゃんビーたち見たかったなぁ。
大きさなんて度外視してさらって行くかも。実は、りょうちゃんを見たときに(写真ですが)、ちょっとピピンときました。

皆さん、本を読んでくださったようで嬉しいです。
縁はホントどこにあるのかな~。
たまに思う・・・。
神様からのプレゼントのようにある日家の前に捨てられたら迷わず!なのにな~。って。

どこだ縁!

ほんと、どこにあるんでしょうね。
今日は発作が起きて、犬狩り?しました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

プロフィール

エイ

Author:エイ
ビーのページへようこそ!
ビーは2005年12月29日に16歳という天寿を全うしました。月刊『Wan』の「老犬介護寸前日誌」の連載を終えてから、本格的な介護が始まりました。介護の様子と、その後の飼い主の生活を書き綴っています。ニューフェイスの白豆も加わりました!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。