老犬ビーの介護寸前日誌その後

さよならビー! 月刊『Wan』に連載していた「老犬介護寸前日誌」のその後を報告します。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂犬病予防接種の時期

今年も狂犬病予防接種の案内が来ました。
そんな時期なんですね。

知合いがタイ在住なんですが、犬も一緒に連れて行きました。
マイクロチップを埋め込むのと、7種ワクチンとちゃんと抗体が出来きているという証明書が必要なんだそうです。狂犬病予防接種もです。
一連の費用が約10万円ほどかかったそうです。

ちゃんとこれらを済ませておけば、帰国時の検疫もすぐ終わるらしいです。

犬連れで海外旅行もいいなぁと思いました。マイクロチップ埋め込みって、どんなんだろう。ドイツでは聞いたことがありますが。



コメント

我が家にも

プーの狂犬病接種の案内が送られてきました。なんだか切なくなりました。“この子はもう居ません”って札幌市に手続きしなくちゃいけないのかな?
それもなんだか嫌で何もしてないのですが。
マイクロチップは確か迷子になった時などに、飼い主の情報がすぐわかるんですよね? これが義務付けられて、犬を捨てる人が減ってくれるといいなと思うんですが。

手続きいるのかな?
名簿の中では、生きて歳を重ねているのですね。

マイクロチップで捨て犬が減るのであればいいですね。

ブッチの様子はいかがですか?

プッチは

手術はハラハラドキドキさせられたものの、その日の夜からご飯をバクバク食べました。
さすがに初日はすぐ疲れて眠ってしまいましたが、今では家の中で走り回ったりしてます。
お腹をけっこう切ってるので安静にしてくださいと言われたにもかかわらず暴れてるので、傷口がちょっと化膿して昨日病院へ行きました。
1週間で抜糸の予定でしたが、多分ムリのようです 。・゚・(ノД`)・゚・。

マイクロチップの義務づけですか。
犬体への影響ってどうなんでしょうね。

ところで以前ご紹介した「老犬介護日誌」の継母さん覚えてますか~?
今回老犬に関する本に漫画を書いたそうです。
もう出版されてるそうで~す!!

おっ!

マイクロチップ、体に埋め込むのは恐いような気がしますが、その辺はちゃんとしているのではないでしょうか。

漫画の件、何てタイトルでか??
本にしたら面白いと思っていました。見たい!

実は我「老犬介護」も漫画チックなイラストで本にするプロジェクトがあります。まだ何も進行していません。描いてくれる人が見つかったくらい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

プロフィール

エイ

Author:エイ
ビーのページへようこそ!
ビーは2005年12月29日に16歳という天寿を全うしました。月刊『Wan』の「老犬介護寸前日誌」の連載を終えてから、本格的な介護が始まりました。介護の様子と、その後の飼い主の生活を書き綴っています。ニューフェイスの白豆も加わりました!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。