老犬ビーの介護寸前日誌その後

さよならビー! 月刊『Wan』に連載していた「老犬介護寸前日誌」のその後を報告します。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このところの犬なし生活

ご無沙汰しています!先週はちょっと体調を崩していました。
春の訪れとともに冬の疲れが出たのでしょうか。

『Wan』も発売され、皆さんが3ビーを見てくださったようで嬉しいです。

最近、どんどん老犬介護の日々が遠い過去になりつつあります。
最期に苦しんだ犬の記憶も薄らいで、楽しい日々ばかりが思い出されてきます。近所の犬たちは、春の雪解けの匂いを嗅いではマーキングにいそしんでいます。北海道のこの時期は、犬が汚れてしまうので、まるで人事のように犬の散歩を傍観しています。

「雪を考える会」っていうのに参加しているのですが、ビーはそこの初代の犬会員でした。活動のときにビーを連れていっていたので(雪中キャンプとか)、皆がビーのことをよく知っています。先日、「ビーが死にました」ってやっと報告しました。ちょっと涙ぐんでしまいましたね。

来週は、温泉にでも一泊しようかと計画中です。去年までは、犬の様子を伺いながら、動物病院に預けて出かけていました。人間、自由を感じるのはある程度の制約があるからこそなんですね。

犬との生活、まだ踏み切れないでいます。4月からはさらに忙しくなるし、あぁ、どうしましょう。

コメント

あら・・・大変でしたね。

お体、大丈夫ですか~?
これからもっと忙しくなるのでしょう・・・。
お大事にしてくださいね。

新しいワンちゃん。
さて、どうしましょうか?
私自身も迷い中ですが1匹残されたバルを思うと・・・。
夜帰ると玄関マットの上で待ってます。
悩むなぁ~。

思い切って・・・

体調は回復しましたか?今の時期は、寒くなったり春めいたりで体もビックリしちゃいますよね。新しいワンちゃんですかぁ。ここは思い切ってみては?子犬が来れば忙しくなるし、大変なコトもいっぱいですが、最高の幸せが、毎日ピッタリ寄り添ってくれるんですもの。素敵なご縁がすぐそこまできてるかもしれませんよー。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

体調はだいぶ良くなりました。さらに、この時期は送別会が重なり、体調不安定の身としてはちょっと辛いですね。

いただいたコメントを拝見して、心が動きます。しまいには、この体調の悪いのは犬がいないせい?なんて思っちゃいます。例の3ビーの記事にあるように、「玄関で3ビーがお出迎えする」には心がグラッとしましたね。

死んだビーには何も遠慮してないのですが、ビーの面接が厳しいのでしょうか?まだ合格者の知らせを受けていません。どこにいるんだろう、次ビーは。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

プロフィール

エイ

Author:エイ
ビーのページへようこそ!
ビーは2005年12月29日に16歳という天寿を全うしました。月刊『Wan』の「老犬介護寸前日誌」の連載を終えてから、本格的な介護が始まりました。介護の様子と、その後の飼い主の生活を書き綴っています。ニューフェイスの白豆も加わりました!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。