老犬ビーの介護寸前日誌その後

さよならビー! 月刊『Wan』に連載していた「老犬介護寸前日誌」のその後を報告します。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院して2日目

退院して2日目。

初日と同様で嘔吐を繰り返しています。
獣医さんによると、「遊園地のコーヒーカップに乗っている状態」
が続いているんだそうです。
酔っているため、吐いちゃうんですね。

少しだけご飯は食べるのですが、後で吐瀉物として出てしまうので、
胃に負担の少ない犬用のミルクと流動食缶を買いました。
こういったフードがあったんですね。

時々、喉が渇くのかハアハア言うくらいで、ほとんど寝ています。
寝ている間は、こちらも仕事が出来るのです。

明日は病院へ診察に行かなければなりません。
点滴をするかも。回復して欲しい一方で、16歳まで生きてくれたので、
そろそろなのかと思ったりもします。

今まで、何度も死にそうになっても蘇ったので、「今度も・・・」と
期待はしたいのですが、これにだって終わりはあります。
ちょっと複雑ですね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

プロフィール

エイ

Author:エイ
ビーのページへようこそ!
ビーは2005年12月29日に16歳という天寿を全うしました。月刊『Wan』の「老犬介護寸前日誌」の連載を終えてから、本格的な介護が始まりました。介護の様子と、その後の飼い主の生活を書き綴っています。ニューフェイスの白豆も加わりました!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。