老犬ビーの介護寸前日誌その後

さよならビー! 月刊『Wan』に連載していた「老犬介護寸前日誌」のその後を報告します。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬肉

ベトナム&中国から戻って参りました。
我家の老犬ビーは、静岡の義母がみてくれていますが留守中に膀胱炎に罹りました。病院で「慢性、しかも老犬だから大袈裟に検査はしません」と薬を処方してもらい落ち着いたようです。食欲が減退しているので、母にとって「いかに食べさせるか」が命題となり奮戦してくれているようです。感謝。

中国でもベトナム(特に北)でも「犬肉」を食べる習慣があります。
籠に入れられた犬を何度も見ました。野蛮と思うかもしれませんが、鯨肉を食べる習慣だって他の国から見れば野蛮なんだから、こればかりは何とも言えません。犬肉は体が温まるようです。一度食べてしまうと「この犬は美味しい?」って見方が変わるかもしれません。まだ食べたことはありませんが・・・。熊の胆汁で作った酒を飲まされました。苦かったのですが男性には精力剤になるらしい。

帰った早々、この寒さに参っています。暖房はもちろん、さらにカイロを貼っても寒いのです。お正月、離散家族は静岡に集結します。それまで頑張ろうっと。

コメント

犬肉ですかぁ

おかえりなさい。ご無事で何よりでした。犬肉は文化でしょうけど、私たち犬命の人間には考えられないですね。昨日のニュースで、食品会社の男が29コの犬の頭を川に捨てたという事で、逮捕されましたね。犬肉を食品として輸入していて、頭は魚の餌になるかと思って川に捨てたとか。家族で怒りまくってますよ!ビーちゃん、膀胱炎ですかぁ。うちのコも先日なりました。薬でだいぶ改善されましたよ。

あらっ!

おっ帰りなさ~い。
お疲れさまでした・・・。
ビーちゃん膀胱炎ですか・・・。
でも安心しました。
エイコさんもビーちゃんもお正月会えるもんね!

ハクビシン

アマとカイのママさん
その記事私も読みました!ヒドイ話だと思いましたが、日本でも食用肉を扱っている人がいたんですね。
ベトナムも中国もペット用と食用に分けているようです。私が見たのは食用ですね。実は、接待されて食べた鍋の肉が不明だったのですが、「もしかしたら、犬肉かも」と一抹の不安を抱いていたところ、「あれはハクビシンです」って連絡を一昨日、受けました。いい出汁が出ており、肉は食べませんでしたが鍋の中の野菜はいっぱい食べました。ハクビシンと聞いてから、風邪気味もあってか昨日は食あたりを起こしました。夕べから今日一日寝込んでました。トホホ。
嘔吐しながら、ビーの嘔吐時を思い出し、犬も苦しかったのねと...。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

プロフィール

エイ

Author:エイ
ビーのページへようこそ!
ビーは2005年12月29日に16歳という天寿を全うしました。月刊『Wan』の「老犬介護寸前日誌」の連載を終えてから、本格的な介護が始まりました。介護の様子と、その後の飼い主の生活を書き綴っています。ニューフェイスの白豆も加わりました!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。