老犬ビーの介護寸前日誌その後

さよならビー! 月刊『Wan』に連載していた「老犬介護寸前日誌」のその後を報告します。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときどきオムツ

一昨日の夜中、またもテンカンを起こしました。
痙攣が続き、よだれ、おしっこの処理をして、
落ち着くのを待つこと2時間。
ビーは、なぜか右回りに回転を続けては、ハアハアしんどそう
なんですが、なかなか寝てくれません。

おやつと水をあげて、寝かしつけたのは2時半すぎ。
こちらもようやく寝ることが出来ましたが、朝6時には
「おしっこ」と起こされました。
テンカンの翌日から、昼間はオムツをすることにしました。
尿の辛抱がゆるむようで、水飲みのあとに失禁しました。

実は11月3日から、またも静岡の実家で預かってもらうことにしました。
それまであと1週間、犬は大丈夫そうですが、私は大丈夫かなぁ。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

mihoさんにご紹介いただき、初めてお邪魔させていただいています。
私はもうお空に昇った「イチ」という子を介護していた記録をHPにてご紹介させていただいている者です。
今は新しい家族を迎え、介護の話とは余り関係のない話ばかりですが・・。
お仕事を抱えられてビーちゃんのお世話を懸命に頑張っておられるエイコさんの様子を自分がイチを介護していた時に重ね、複雑な気持ちで辛い毎日に苦しんでいた気持ちを思い出しながら拝見させていただきました。
介護は本当に精神的にも肉体的にも辛いですね・・・。
ただお気持ちが痛い程重なる・・、という思いだけで書き込みさせていただいている私です・・。
「老犬介護寸前日誌」というタイトルを拝見して勝手に親近感を覚えてしまいました。イチの介護の記録のタイトルは「漫画老犬介護日誌」といいます。
初めてお邪魔させていただいて長々とごめんなさい。

漫画

継母さん

書き込みありがとうございます。
漫画で見るとコミカルになっていいですね!
見ながら「うん、うん、ある、ある」とうなずいてしまいました。
介護は孤独だなぁと思うことがときどきあります。
同じような経験をしている方との交流は心強いです。

今日は病院に預けて出かけていたのですが、
受け取ったときに、ぎゅっと抱きしめました。
離れると気になるし、始終一緒だと怒ってしまうしダメ飼主です。
これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

プロフィール

エイ

Author:エイ
ビーのページへようこそ!
ビーは2005年12月29日に16歳という天寿を全うしました。月刊『Wan』の「老犬介護寸前日誌」の連載を終えてから、本格的な介護が始まりました。介護の様子と、その後の飼い主の生活を書き綴っています。ニューフェイスの白豆も加わりました!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。