老犬ビーの介護寸前日誌その後

さよならビー! 月刊『Wan』に連載していた「老犬介護寸前日誌」のその後を報告します。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掲載誌が届く

掲載誌『Wan』が届きました!
「老犬介護寸前日誌」の最終回は、本当に寸前でした。
入稿直後に本格的な介護が始まったのです。
中枢性前庭障害だったのです。

その時、私自身は論文や仕事の締切りが迫っていたので、
あまり余裕がありませんでした。
また、犬に対しては「もう、頑張らなくてもいいんだよ」と
思っていたので、以前に倒れたときのように
「何としても...」という意気込みが飼主にはありませんでした。

しかし、ここ数日の間に、最終回のときの6割程度は、
戻っていると思います。途中の校正段階では、オムツの状態で、
歩くことは出来ませんでした。校正原稿を読んで泣いていました。
「このときは、こんなに元気だったのに...」と。

命は人間の思うようにはなりません。
一度は安楽死も考えたのです。ビーの「生きたい」気持ちが
強かったのでしょう。この1ヵ月間は私の葛藤の日々でも
ありました。

勝手な飼主と思われるかもしれませんね。
でも、これが正直な気持ちだったのです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

プロフィール

エイ

Author:エイ
ビーのページへようこそ!
ビーは2005年12月29日に16歳という天寿を全うしました。月刊『Wan』の「老犬介護寸前日誌」の連載を終えてから、本格的な介護が始まりました。介護の様子と、その後の飼い主の生活を書き綴っています。ニューフェイスの白豆も加わりました!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。