老犬ビーの介護寸前日誌その後

さよならビー! 月刊『Wan』に連載していた「老犬介護寸前日誌」のその後を報告します。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痴呆の犬

今、痴呆の犬を探しています。
雑誌取材のためですが、実は私自身が会いたいと思っています。
考えてみると、ビーが亡くなってもう4年にもなるのです。

動物病院、ペット関連の施設、ボランティア団体、
友人、知人の果てまで聞いてみました。
「心あたりがあるよ」と何人か言ってくれ、問合わせてみると
すでに亡くなっているケースがいくつかありました。

寝たきりのワンちゃんは見つかったのですが、その前段階の痴呆の
ワンちゃんがなかなか見つかりません。
どんどん期日が迫ってきて、あせっています。
自分もそうだったのですが、やはり飼い主自身も引きこもってしまうからでしょうか。

また、「痴呆では」と飼い主自身も半信半疑で、やはり認めたくないという
こともあるのかもしれません。
4年前の自分と重ね合わせたり、いろいろなことを考えながら探しています。

どなたかお心あたりのある方、よろしくお願いします。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

プロフィール

エイ

Author:エイ
ビーのページへようこそ!
ビーは2005年12月29日に16歳という天寿を全うしました。月刊『Wan』の「老犬介護寸前日誌」の連載を終えてから、本格的な介護が始まりました。介護の様子と、その後の飼い主の生活を書き綴っています。ニューフェイスの白豆も加わりました!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。