老犬ビーの介護寸前日誌その後

さよならビー! 月刊『Wan』に連載していた「老犬介護寸前日誌」のその後を報告します。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪文字

近所の小学生姉妹は春休みに入りました。
週明け早々、寝坊をしたようで朝の散歩には来ませんでした。

今頃の雪になると固くなり、歩きやすいのでいつもよりも長めの散歩をしました。
家に戻ったら、雪文字で「くるのおくれた」「こわい話いっぱいある」ってメッセージが
ありました。

毎朝、「こわい話して~」と玄関を開けるなり言うのです。
地震後に、「現実の方が怖いのよ」って返答したことがあって、
そのときは多くの人が死んだ話になりました。
朝から辛かったのか、しばらくは怖い話を避けるようになっていました。

本当は、こわい話で現実を逃避しようとしていたのかもしれません。
こわい話の方が、現実よりも怖くないのかも。

「こわい話いっぱいある」に少し、ほっとしました。
こわい話は、本当は怖くないのかもしれません。


雪文字


スポンサーサイト

プロフィール

エイ

Author:エイ
ビーのページへようこそ!
ビーは2005年12月29日に16歳という天寿を全うしました。月刊『Wan』の「老犬介護寸前日誌」の連載を終えてから、本格的な介護が始まりました。介護の様子と、その後の飼い主の生活を書き綴っています。ニューフェイスの白豆も加わりました!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。