老犬ビーの介護寸前日誌その後

さよならビー! 月刊『Wan』に連載していた「老犬介護寸前日誌」のその後を報告します。

  • « 
  • 8 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新家族&生還

8月から家族が増えました。
白豆(シロマメ)というビーグルです。
白豆→写真はこちら。

しかし、飼い始めてから1ヵ月ほどで、私は入院してしました。
救急車で運ばれ、その日に緊急手術、そして再手術と長い入院生活を送ることになりました。
ようやく退院して家に帰り、夫と白豆との生活が始まったところです。

病床で「良くなって3人で暮らそうね」という夫の言葉に励まされ、辛い日々を乗り越えることが出来たのです。子犬の世話は大変ですが、にぎやかな家はいいですね。

病院では、看護師さんたちにたいへんお世話になりました。
3年前の介護(ビーですが)する側から、今度は看護される側になったのです。
ビーの写真を貼っていたので、看護師さんから飼っている犬の写真をもらったりしました。
家にいると、一人ひとりの看護師さんの顔が目に浮かびます。
看護師さんたちのプロの仕事、関心するのと同時にいろいろ考えさせられました。
人を扱う仕事は、受取り手がいるだけに難しい。

それにして、試練は忘れたころにやってきます。
日々の暮らしに感謝しながら、つつましく生きていこうと思います。




スポンサーサイト

プロフィール

エイ

Author:エイ
ビーのページへようこそ!
ビーは2005年12月29日に16歳という天寿を全うしました。月刊『Wan』の「老犬介護寸前日誌」の連載を終えてから、本格的な介護が始まりました。介護の様子と、その後の飼い主の生活を書き綴っています。ニューフェイスの白豆も加わりました!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。