老犬ビーの介護寸前日誌その後

さよならビー! 月刊『Wan』に連載していた「老犬介護寸前日誌」のその後を報告します。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倒れて1ヵ月経過

連載最終原稿を入稿後に倒れたビーの1ヵ月間は、
飼い主にとっても大変な時期でした。

生活がほとんどビーを中心に回って、こちらも寝不足が続き、
余裕のない日々を過ごしていました。

先週、夜中にてんかんの発作を起こし、呼吸が弱くなったので、
「よく今まで頑張ったね。さよなら」とお別れを言ったはずが、
持ち直してしまいました。これには、飼い主の気持ちの整理が
つかず、精神的に参ってしまいました。

それが、ほんの数日前からビーに変化が表われました。
自身の意思と体が一致したのか、起き上がれるようになったのです。
鳴くのも治まり、頻尿も少し軽減しました。

病院の先生が、ビーの歩く様子を見て「まさかここまで・・・」
といった感じで驚いていました。

「生きたい」「歩きたい」という生命維持の力は、どこから
くるのでしょうか。持って生まれたものなんでしょうかね。
スポンサーサイト

プロフィール

エイ

Author:エイ
ビーのページへようこそ!
ビーは2005年12月29日に16歳という天寿を全うしました。月刊『Wan』の「老犬介護寸前日誌」の連載を終えてから、本格的な介護が始まりました。介護の様子と、その後の飼い主の生活を書き綴っています。ニューフェイスの白豆も加わりました!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。