老犬ビーの介護寸前日誌その後

さよならビー! 月刊『Wan』に連載していた「老犬介護寸前日誌」のその後を報告します。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近所の方からお花をいただきました。
とても色が抑えられていてセンスがいいなぁと思いました。

お花をいただくのは嬉しいものですね。
家の桜は散り始めましたが、まだまだ寒い札幌です。
ストーブもタイツも離せません。

ビーグルのチビたちは、まだストーブの前を陣取っています。
春よ来い...。春のはずなのに。


花文字無し


来週はもう6月です。
スポンサーサイト

こぶし咲いた

こぶしが咲きました!

こぶし2



いよいよ北国の春到来です。とはいえ、まだ寒い~。
今日、定期健診に行ったときに隣にある真駒内公園の桜を見てきました。
その近所にある住宅街にこぶしが咲いていました。

定期健診はまあ合格。
コレステロール値がちょっとだけ超えていたくらいです。
悪玉が多くないようなので、問題ないでしょうとのこと。

あとはすべて正常値なり。
でも、胃腸のカメラ検査は夏にしましょうかということになりました。
手術から2年半、毎年検査しといた方がいいでしょうね。

連休が明けて、またまた忙しくなってきました。
4月から新しい仕事も入り、前から継続している仕事も新年度スタートしたところです。
かなり体力がついたので、体の持ちが違います。

連休中は近所のチビたちのバレエの発表会がメインイベントでした。
こちらも緊張しました。今朝の散歩のときチビたちは喪失感が漂っていました。
ずっと練習、練習の日々だったもんね。公園で少し踊ってもらいました。

最近、庭仕事にも着手。
今年は薪を拾っておいて、いつかは薪ストーブ化を図ろうと思っています。


こぶし1

あっ、こぶしに余計なものが......。



ひとつ卒業

昨年から関わっていた仕事を一つ終えました。
非常勤講師だったのですが、皆さんには「一足お先に卒業です」と伝えました。
もともと5月までのクラスなので、本当にお先に失礼させてもらいました。

最後の時間、クラスの一人が「夢」を語ってくれました。これがすごく感動ものだったのです。
なかなか明日のことも、一カ月先のことも語れないご時勢だけに、夢を持つことの大切さを感じました。

感動して家に戻ると、彼らがゴロンとしていました。

シート

この瞬間だけは平和です。





雪文字

近所の小学生姉妹は春休みに入りました。
週明け早々、寝坊をしたようで朝の散歩には来ませんでした。

今頃の雪になると固くなり、歩きやすいのでいつもよりも長めの散歩をしました。
家に戻ったら、雪文字で「くるのおくれた」「こわい話いっぱいある」ってメッセージが
ありました。

毎朝、「こわい話して~」と玄関を開けるなり言うのです。
地震後に、「現実の方が怖いのよ」って返答したことがあって、
そのときは多くの人が死んだ話になりました。
朝から辛かったのか、しばらくは怖い話を避けるようになっていました。

本当は、こわい話で現実を逃避しようとしていたのかもしれません。
こわい話の方が、現実よりも怖くないのかも。

「こわい話いっぱいある」に少し、ほっとしました。
こわい話は、本当は怖くないのかもしれません。


雪文字


温かさ

温かいということは、心がなごみます。

避難所の床は冷えるでしょう。
避難所に連れて行けない犬たちは、どうしているのか心配です。

このところ、自分には何が出来るのだろうかと考える日々でした。
今、出来ることは募金ぐらいです。

家の中が温かいということが、どんなに有難いか。
チビたちに言って聞かせています。
同居人たちは、寄り添って寝てしまいました。



寝る










プロフィール

エイ

Author:エイ
ビーのページへようこそ!
ビーは2005年12月29日に16歳という天寿を全うしました。月刊『Wan』の「老犬介護寸前日誌」の連載を終えてから、本格的な介護が始まりました。介護の様子と、その後の飼い主の生活を書き綴っています。ニューフェイスの白豆も加わりました!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。